Atelier de pédagogie florale pour les enfants ” Mon petit jardin ” 

花育(はないく)とは、
~児童の成長期において、花や緑に親しみ、育てる機会をとおして、
やさしさや美しさを感じる気持を育むこと~

hana4

普段の生活の中で私たちは、花や緑に触れる機会はますます少なくなっています。
様々な知識や体験がぐんぐんと吸収する幼児・児童期の成長段階に、より多くのこどもたちが花や緑にもっとふれあい、親しみ、楽しんでもらうために、花育がそのきっかけづくりになることを願っています。

 


毎月一回のパリ花育アトリエ ” Mon petit jardin ” モンプチジャルダン
Un atelier de pédagogie florale pour les enfants

sapin12011年霜寒

針葉樹に触れてみよう~生木を使った手作りツリー゛MON BEAU SAPIN ゛~

飾り付けがお得意の子どもたちは、モミの木の枝をツリーに見立てることもきっと上手なはず。手作りツリーをお部屋に飾ってノエルを待ちましょう。

花材は生木針葉樹(モミ、コニファー類)をメインに、ヒメ林檎、サンキライなどの赤い実。雪をかぶったような銀白色のコチア、白タエギク等も取り入れます。飾り付けは自然のものを多く使用します。

日時:2012月に再度また開催いたします。アトリエの内容はまた更新いたしますので、しばらくお待ちいただけたらと思います。

場所:エスパス ナデシコ 37 rue de la Croix Nivert 75015 Paris

講師:花育アドバイザー エルンスト順子

受講料:1回25ユーロ クリスマスのお菓子(シュートレンなど)つき

年齢は問いません。(補助をしますので、小さいお子様の参加でも大丈夫です。大人の方もどうぞ)

sapin2小さなガラス瓶にフランスのおはじきを入れました。

 

sapin3 ねらい

◎ 「アレンジメント」ではなく、「体験をうながす」ことが基本スタンス。

◎ 生木のモミに触れ、香りを嗅ぐ。モミの木の樹脂を体験!(べたつきます)

◎ 力を入れすぎると茎が折れたり、飾り実が壊れたりしてしまうことを体験する。

◎ 吸収性スポンジは、お子さんが便の大きさに合わせてカットし、水を吸収させる作業を。家でもお水を補充し、生木を長く大事に扱う。

◎ 使用葉材を記入し、名前と特徴を覚える。

 

パリ花育アトリエ ” Mon petit jardin” 年間行事例
土に触れる寄せ植えやミニプランタで野菜作り、夏の収穫祭(農体験と食育)
日本の行事に触れる/お正月やひな祭り、母の日、お月見等の花アレンジ
フランスの行事に触れる/クリスマス、パック等、植物や草木のアレンジなど

お申し込み:ご希望の日時、会場、お子様のお名前、年齢、性別を明記の上、ナデシコまでご連絡下さい。
ご予約:開催日の2日前までにお申し込み下さい。hana1

キャンセル:予定の開催日時の2日前までにご連絡いただけましたら、無料でキャンセルをいたします。事前の花材準備のため、当日キャンセルは有料になりますことをあらかじめご了承ください。

 

 

講師 mon petit jardin 花育アドバイザー Junko ERNST

全国花育活動推進協議会所属(No23-0040) 生け花を通じて花に携る。子育て (日仏男子5歳) において花育を実践中。フランス在住の日本の子供達のため、

伝統行事に触れながら花育を広めたいと思っています。 2006年よりフランス78県在住、横浜市出身。

http://paris-hanaiku.blogspot.com/

 

kazari

前回のアトリエ

11 atelier012011年紅葉

土に触れてみよう~ペットボトルと芝の種でかわいい人形づくり~
水やりをすると、頭から芝が生えてきます

日時:2011年11月19日(土)10時30分から11時30分

場所:エスパス ナデシコ 37 rue de la Croix Nivert 75015 Paris

講師:花育アドバイザー エルンスト順子

受講料:1回20ユーロ

ご用意頂く物:不要靴下(サイズ24~お持ちでない方も大丈夫です。こちらで用意します。)、スープスプーン、持ち帰り用袋

対象年齢 3~9歳 男児、女児

11 atelier02

 

ねらい

◎ 種から芽が出る楽しみや、いつどんな様子で芽が出るのか、日々の成長を子ども自身で観察する。毎日の水やりの楽しみ。

◎ 芝が伸びてきたら、ハサミでカットしたり、水をあげたりと「世話」をすることで、長い時間楽しむことができる。

◎ 芝ぼうやの目・鼻・口等は自由に配置、表現する。

 

不要靴下とペットボトルで作ります。

hana3

2011年仲秋

切花に触れてみよう~家にあるものを使って花のアレンジをしよう~
おはなし    「あきの花や実ってどんなの?」
「色が変わる葉っぱはなんだろう?」

日時:2011年10月22日(土)15時から16時20分

場所:エスパス ナデシコ 37 rue de la Croix Nivert 75015 Paris

講師:花育アドバイザー エルンスト順子

受講料:1回25ユーロ

ご用意頂く物:ハサミ、ハンドタオル、持ち帰り用袋

対象年齢 4~7歳 男児、女児

 

hana2 第1回指導内容

フラワーアレンジを教えるのではなく、花を通じて子ども達に植物との関わり、季節の花、命の大切さを伝えます。
児童が花器を工夫して仕上げ、自身の判断で花を自由に選び、切る位置や挿し位置を決めます。
自身で作りあげる喜び、達成感を手助けします。

指導でなく、「体験をうながす」ことをモットーに。
匂いや香りの発見、色や長さのバランスを楽しみながら、進めます。

 

Rejoignez nous sur Facebook